ウーマン

MARTINなどの高級ギターの買取は日頃からのメンテナンスが大切

ベースを高額で売る

楽器

ベース本体やベースアンプやエフェクターなどの周辺機器の買取を行なう際、高価で買取ってもらう場合は、どのようなポイントに気をつけて査定依頼を出せば良いでしょうか。
まず、ベース本体の場合は、ベースのメーカーやグレードが大切です。有名メーカーの楽器なら、中古市場での出品数も多いので査定価格も高くつく可能性が高く、またハイグレードの楽器や、限定商品などのアイテムになると高価買取が期待されます。次なる査定基準となる項目が、楽器の状態です。キズやネックなどの状態は、楽器を長く使うために重要な項目です。トラスロッドなどの消耗具合では、ハイグレードのベースも買取査定が大きく落ちてしまう恐れがあります。基本的な査定基準としては、その2点が挙げられます。それ以外の、アンプやエフェクターなどの周辺機器の買取査定も、メーカーや状態などが価格の基準となりますが、エフェクターなどは現在廃盤になった型落ち品は、状態によってはビンテージ品扱いとして、プレミア価格で買取ってもらえる可能性があります。また、作動しなくなったエフェクターも、使用できるパーツに値段がつく可能性がありますので、壊れてしまったからと捨てる前に、楽器屋さんに査定だけでも出すことが大切です。またウッドベースなどの大型の楽器は、業者によっては買取を扱っていないケースもありますので、特殊楽器の査定依頼を出す際は、前もって楽器屋さんに確認することが大切です。